愛宕神社の人面魚??



この記事の所要時間: 159

お参りに行ってきました

 

先日、東京都港区にある愛宕神社(あたごじんじゃ)というところに行って参りました。

出世の階段というところがあり、そこからあがることで出世するとの言い伝えがあります。
また、初詣に行っていなかったのでそのついでに初詣もしてしまおうという魂胆で、結構軽いノリで行ってきました。(神様ごめんなさい)

 

image1

こんな階段です。近くで見るとかなり急でした。

付近はビルだらけ、この場所だけやたらと自然が溢れていて高いです。

神社が保護されているんだなぁという感じがします。

一礼後、長い階段を登りました。

結構疲れます。

周りの方も結構疲れていました。笑

その先にある場所で手を清めてからしっかりお賽銭。

おみくじを引き、池付近を目指します。

神様の場所なのであまり写真とれませんでした、すいません。

とんでもない顔?のようなものがある金色の鯉を発見

 

image6

多少、草が生い茂っていましたが、この池には鯉が数十匹入っていました。

普通の黒い鯉から白い、オレンジ、赤いなどの金魚との混合種まで色鮮やかです。

その中でも目を引く魚こちらです!

 

image3

手前の金色の鯉、彫りの深い人間の顔にみえないでしょうか?

正面からだとはっきりわかりやすいのですがなかなかそういうシャッターチャンスに恵まれず、撮ることができずわかりづらいですが、明らかに模様が顔ですよね?笑

 

image2

 こちらも別ショットから。
 

image4

 

どことなく顔に見えませんか?? 

この二匹だけ異様に元気でした、みんなそこ付近でじっとしている個体が多く、冬を感じさせます。
 
後から調べてみたところ、 金色のニシキゴイは鼻孔付近が黒く染まることで人面のような模様になることが全国各地で報道されているようです。
 
神社という不思議な地域だけにどことなく、他の魚とは違う神々しさ、意志を持っているかのような堂々とした姿を感じます。
とても不思議な感じですね・・・

全国でもいろんな報道がされてきたと思いますが、こんな身近に不思議な生き物がいたなんて少し感動です。

 

木の花を撮ろうとすると後ろに新橋方面の高層ビルが見えました。

image5

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください