アカハタ!ホントに釣れるオススメカラー「デスアダーホッグ・スパイニークロー(グルーパーオレンジ)」



この記事の所要時間: 326

今回は、特別にスペシャルカラーの紹介をします。

アカハタには特に効果の高いカラーがプロズワンとデプスのコラボワームである「デスアダーホッグ3インチ」と「スパイニークロー3.5インチ」に追加されました。

その名も、グルーパーオレンジ!

今回は初心者やこれからロックフィッシュゲームを始めたい人に強くおすすめしたいカラーですので、紹介します。

 

スパイニークロー

⇒グルーパーオレンジの購入はこちらから「Amazon」

 

デスアダーホッグ

⇒グルーパーオレンジの購入はこちらから「Amazon」

 

 

甲殻類パターンを想定したテキサスリグの写真

 

根掛かり軽減!フック隠しの溝

 

ワームの紹介記事は下記から

「デプス×プロズワン」デスアダーグラブ、スパイニークロー、コラボワーム買いました。「ロックフィッシュワーム」

 

静岡伊豆半島で大爆釣のシークレットカラー

 

事の始まりは僕の釣り仲間である人からの情報で全ては始まりました。

数年前のある日、こんな連絡がありました。

 

「このカラー尋常ではないくらい釣れますよ!」

 

最初は半信半疑でしたが、女性やロックフィッシュ経験が浅い方などにもお試しで使ってもらった結果、このオレンジにラメの入ったカラーだけ大爆釣だったそうです。

 

ボコボコに釣れたそうです。

 

それから、何度も何度も釣行を重ねていた、その釣り仲間は、このカラーの釣果だけ別格に違うことがはっきりとわかったそうです。

 

その後、僕も試してみますが、魚のバイトが深い!

とにかく、バイトが深くて、よく釣れると体感しました。

こんな感じに釣れました。

(深場での釣果のため持ち帰りました)

 

オカッパリからも反応がよく、地域に関係なくアカハタの反応が良いため、このカラーがアカハタの目の色に関係しているものと考えられます。

 

そして、そのスペシャルカラーがついに、ロックフィッシュ専用のワームとして、プロズワン✖️デプスのコラボで発売されました!

 

オレンジとラメについて

 

従来、オレンジというカラーは東北ロックフィッシュでは外せないカラーとして存在していました。

レインズから発売されていたカラー(何とか黄金伝説II?)などはよく釣れた記憶があります。

 

また、中級者以上になると、オレンジカラーを使って魚に威嚇させて、口を使わせるテクニックもあります。

それだけ、オレンジというカラーはロックフィッシュに効果的ですが、ハタゲーム、特に高級魚であるアカハタには特効カラーとして有効なことが近年わかってきました。

 

本当に釣り比べてみた人しかわからないと思いますが、明らかにこのラメ入りのオレンジだけに反応が良いのです。

これはアカハタからしたら、よく認識できる色でもあり、ワームに口を使う際に違和感のない色ということが言えるかもしれません。

 

味と匂い

 

アカハタは岩礁帯をメインに生息していて、甲殻類を捕食しています。

一部例外はありますが、基本的にエビやカニなどの甲殻類を捕食していることは間違いないです。

 

このワームは甲殻類の匂いがたっぷり含まれています。

パッケージを開けると、部屋中に漂うくらいです。

強烈にロックフィッシュに特化した商品であると感じます。

 

初心者は迷ったらこの色にしてください

 

全国各地にハタゲームに行きたい初心者の方はこのカラーは外すべきではないと思います。

自信を持っておすすめできるカラーです。

⇒グルーパーオレンジの購入はこちらから「Amazon」

 

ぜひ、お試しください。

ハタゲームの時代がくる?「ハタの生存戦略と生息地の移動に関する重要な未来事項」

シマノからロックフィッシュ用のロッドがついに復活!ハードロッカー[HARD ROCKER]がやばい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください