釣り上達のために上質な情報を手に入れ、自身をレベルアップさせる方法



この記事の所要時間: 754

釣り人は釣果アップするためにどんな情報を得るべきなのかについて記載していきます。

 

釣りが上達するために、経験が必要ですが、その前に「学ぶ」というフェーズが必要です。

 

車の運転免許取得で例えるなら、筆記試験を理解していないと仮免の試験運転はうまくいきませんよね?

交通規制や標識の意味がわかっていないからです。

 

簡単に言えば、そんな話です。

今回は、釣具の情報が知りたいという方向けではありませんのでご了承ください。

 

 

ネット情報の罠

 

最近、どんどん便利なアプリは誕生してますし、SNSなどを通じて、ネット上にもどんどん情報が出るようになってきました。

 

毎日、どこかのアングラーが投稿している状態です。

 

しかし!

 

ネットを通じて皆さんにお伝えする者として、感じることがあります。

 

ハッキリ言ってしまうと、ネットの情報というのは無駄な物が多いということです。

例をあげれば、釣りのサイト、ブログなどは、誰かの釣果自慢、商品の広告が非常に多いです。

 

こんなこと書くと怒られかねない?笑

 

釣り上達を目指すために、検索していく上で本当に価値のある情報は意外と少ない気がします。

 

つまり、現状では無料で提供されている情報には限度があるということです。

さらに、無駄な情報や文書に惑わされてしまう時間的リスクを考えると知らない方が得をします。笑

 

大事なことなのでもう一回言います。

 

質の低いネットの情報は知らない方が得をするんです

 

では、雑誌はどうでしょう。

 

雑誌も毎月買っていると素晴らしいコラムや情報が載っています!

 

アングラーの皆さんは、どんどん買うべきです。

 

しかし、雑誌にも落とし穴があります。

 

例をあげれば、「メバルはジグヘッドでスローが正解」「メタルバイブが有効」「リアクションメソッド爆発」みたいな記事です。

 

正直内容は合っています。

 

なぜなら、プロの方がそのタイミング、その地域で釣れるメソッドを紹介しているためです。

 

正解なのです。

 

でも、違和感を感じませんか?

 

雑誌はわかりやすいワードでその時の状況を説明しているだけにすぎません。

 

魚は、住んでいる地域で食性も違えば、群衆も違います。

 

細かい点をあげればキリがありませんが、このように場所や条件によって釣り方が違います。

 

そのため、大事なことは雑誌などでのわかりやすいワードが含まれている記事の刷り込みによる思い込みをなくすことが重要です。

 

柔軟性を失ってしまいます。

 

ここは意識するべきです。

 

そして、それよりも上質な情報が厳選されているのが書籍です。

例をあげるとしたら、「〇〇ゲームがある日突然上手くなる」とか「〇〇フィッシングの教科書」などです。

 

特に釣り人社の書籍が非常に面白いです。

 

商業至上主義の現在の釣り業界でそれを理解できている人は、書籍から学んでいる人が多いです。

 

このように、雑誌を10冊読むのであれば、質の良い書籍1冊の方が勉強になります。

 

雑誌は、釣具の広告が多いですし、情報が断片的です。

 

また、釣り業界は初心者に参入してもらいがっています。

 

そのため、雑誌にはわかりやすいワードが並び、それが繰り返されることで、釣りの思い込みが激しくなってしまう傾向にあります。

 

書籍は、書いているアングラーの経験や思考そのものを理解しやすく、そして、体系的に書かれていることが多いです。

 

出版社が選んだ信用できるプロアングラーの意地にかけて、思考などを丁寧にまとめ上げられたのが、書籍なのです。

 

釣り思考は、テクニックや一時的な情報と違い一生モノです。

 

冷静になって考えてみたら、「本気で釣りに向き合っていて(人生かけて)サンデーアングラーレベルの釣り人とは釣りをしている回数や思いも違う人たち」が書いているんです。

 

そのプロが書いた上達のエッセンスをたった数千円で買える時代なのです。

 

これってすごいことだと思いませんか?

 

釣りがもっと上達したいと思うのであれば、そのジャンルのプロアングラーと言われる人達が書いた書籍を買い、読むことをお勧めします。

 

さらに、一度読むだけではなく、何度も何度も読み返すのです。

 

「この人本物だ」と思ったら何度も何度も読むと釣り人生変わります。

 

その後、ムック本、雑誌という順番がよいと思っています。

 

ネットは、本当に参考程度に留めておいた方が無難です。

 

例えば、「〇〇地区でアジ爆釣」という記事を読んで行ったら、全く釣れなかったというのはよくある話です。

 

さらに、「〇〇におススメの竿何選」みたいな情報も商品を販売するためのコピー文章と広告の嵐です。

 

書いてる人もおそらく、その分野に特化した釣り人ではない印象を受けますし、商品の紹介をしたいがために文章が短絡的です。

 

このようにネットで上位に表示されているからと言って、よい情報だとは限らないのです。

 

そのため、ネット情報は信用出来るプロのブログやサイトのみを利用するのが賢い使い方だと思います。

 

これは釣りだけに限らないのですが

 

特に初心者の方ほど、色んな情報に惑わされてしまいますので、入門書をまず購入した方が良いです。

 

さらに一般的な例をあげます。

 

内容は僕が咳で凄く悩まされていた時の話です。

 

まず、ネットで、時間をかけて検索しました。

 

しかし、咳を治す方法を検索すると、上位に表示されているほとんどが言い方や文の構成を変えただけで、ほとんど内容は一緒でした。

 

そうした上位表示されている記事でさえもネットから収集して書いているのが実態です。

 

それで、医者にみてもらうとネットに書いていることとは別のことを言われ、咳が治りました。笑

 

このようにネットのみの情報に踊らされることのないように気をつけたいものです。

 

本当に注意が必要です。

 

余計な情報を1000回見るより、上質な情報を10回見ましょう。

 

 

多魚種のプロから学ぶ

 

釣りに限らず、よい情報というのは、お金を出して手に入れることをおススメしています。

 

釣りで言えば、加来巧(レオン)さんは、自身のサイトでメバルに関する有料動画を配信していますが、その場限りの結果を求められる雑誌やDVDとは違い、中長期的に通用する釣りの思考そのものや最新の情報を提供しています。

 

メバルやらないからいいや!って思っている方、ちょっと待ってください!

 

メバルはレンジ、アクション、スピードとルアーフィッシングの本質的な要素を兼ね備えた釣りですし、海での環境を観察する力が問われる釣りです。

 

そのため、多魚種のアングラーでも参考になる部分はあるのではないでしょうか。

 

多魚種にこそ、自身の釣りを変えるきっかけが眠っていたりするものです。

 

僕は最近ヘラブナの本読んでます!笑

 

 

最後に伝えたい大事な自己投資の話

 

先ほどの多魚種から学ぶべきという内容にも通じるのですが、オオモンハタなんかの釣りがブームになり、巻きの釣りをやり込もうと思った時に真っ先に買ったのが、オヌマンさんのシーバスの本でした。

※僕はほとんどシーバスやりません。

 

そこから僕は巻きの釣りの本質を学びました。

 

写真の魚のきっかけは、間違いなくオヌマンさんの本でした。

感動したと同時に学ぶ意味が理解できた瞬間でした。

 

本質を知れば、信じられないスピードで上達していきます。

 

また、ネットの情報に惑わされなくなります。

 

ルアーを一個か二個買うのを我慢して、書籍やムック本を購入して学びのひと時を過ごす、こうした釣り人の時間を持っていれば上達のスピードは加速すると思うのです。

 

書籍やムックは、結果的に釣果という形で、魚に化けます!

 

何年かけても辿りつけない知識や経験が学べるのですから。

 

書籍ほど、安い自己投資はないです。

 

最後まで読んで頂いた優秀なアングラーはぜひ、試してみて欲しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください