情報時代の到来!釣りで誰かの役に立つ方法



この記事の所要時間: 455

人類の時代の大きな流れ

 

長い狩猟時代が過ぎ、その後、農耕時代が始まりました。

 

人は作物を育て、食べるようになったのです。

 

その後、さらに成熟させ、日本文化を作りながら、昭和時代に突入。

いわゆる、高度経済成長時代です。

 

その時は、良いものを作り、販売するだけで社会全体が活性化し、日本の経済成長につながっていきました。

これを工業時代としています。

 

しかし、ある転機が訪れます。

インターネットの登場です。

 

このインターネットは、情報時代と言われる現在の基礎となりました。

そして、簡単に物の売り買いや、情報検索が出来る時代となりました。

AmazonGoogleなどですね。

 

現在はこの時代です。

 

つまり、情報時代の到来です。

そして、モノ余りの時代に、価値が出てきたのが情報です。

 

モノ余りの時代の到来

 

モノ余りの時代は、人口減少、価値観の崩壊、雇用の不安定さを伴いながら、日本はまさしく下山(登山の)の時代に突入しています。

 

こうした中、最近主流になっているのが、シェアし合うという考え方です。

これまで、一部の人が独占して持っていた情報や個人の経験などを積極的に配信して、同じ釣り人同士、シェアし合うという考えです。

シェア=シェアリングエコノミーの略

 

シェアをする一番の目的は、みんなで情報を共有して、より豊かに、より助け合いましょうという精神です。

どんどん個人の過去やプライベートがデータとして保管されています。

陰謀論ではありませんが、そうした動きが出ているのは事実です。

 

個人がネットに情報を配信して徳を積む

 

こうした中、個人がネットを通じて、他人に情報を与えることで、より豊かに生きることが可能になる時代の到来です。

よく仏教などの教えで、徳を積むという考えがありますが、自分の知識や経験をネット上にアップロードすることで、それは誰かの役に立つのです。

 

この威力は計り知れなく、いつしか釣果、運、お金となって自分に戻ってくるでしょう。

 

信じ難い話かもしれませんが、もはや工業時代は終了し、情報時代となっている現在、こうした考えが当たり前になってきます。

何かの宗教か?と思うでしょうが、僕は宗教家ではありませんし、特定の宗教には入っていません。

 

物質的豊かさを求める時代は終了し、精神的豊かさを感じる時代なのです。

 

釣りも例外ではなく、むしろ釣りだからこそ精神的豊かさを求めるのです。

 

竿や高価なリールを所有する喜びを否定している訳ではなく、釣りをしたり、道具を買ったりしたら、どんどん世の中に発信した方が良いのです。

良い情報を発信出来たと思えれば、それだけで満たされます。

 

ますます、精神的豊かさが増してきます。

本当に凄い時代ですね!

 

釣りの情報をシェアして成長する

 

また、釣りの情報や釣果をシェアすることで、自分自身の成長に繋がります。

 

どういうことかというと、実釣からの経験をネット上にアウトプットすることで、はじめて自分自身の経験が物になるのです。

 

勉強して、ノートに書くと覚えやすくなりませんか?そんなイメージです。

 

もちろん、読んでもらった人に価値があると思ってもらえた情報は、どんどん読んでもらえます。

 

釣りをする、「学ぶアウトプットする誰かの役に立つ自分自身に落とし込めて、成長に繋がる」

これの繰り返しです。

 

時には、誰にも読んで貰えないネットのゴミのような内容を配信することもあるでしょう。

 

しかし、発信し続けることで誰かの役に立ち、それ知りたかったんだよ!と言って貰えるようなブログや記事が書けたりします。

 

そうしたら、次のステージに立っているかも知れません。

これを聞いてピンときた人は、時代の流れに追いついています!

 

どんどんネット上に、個人釣果や経験、日記などを配信することで、最終的には、自分に返ってくるということなのです。

必ず、書き続けることで、誰かがみます。

 

それはすぐかも知れませんし、数年後かも知れません。

 

いずれ、誰かの役に立つのです。

これってすごいことだと思いませんか?

 

但し、釣りを題材とした記事の注意点として、具体的すぎるポイント解説、禁止エリアでの釣り、命を粗末にするなどのモラル違反な行為などの配信などは、いわゆる炎上の対象になります。

 

僕自身も含め、気をつけていきたいものです。

 

僕のこのブログは、無料ブログから始まりました。

どうでも良いこともたくさん書いて、1人も読んでもらってない記事もあります。

 

まぁ、全然有名なブログではありませんが、いつも見に来て頂いている方もいらっしゃいます。

本当にありがたいことです。

 

そんな感じに、どんどん些細な成長記録でも構いませんし、ネット上にアウトプットしていくことをお勧めします。

あなたがアウトプットすれば、釣り業界は活性化が進んで、新時代を迎えることになるかもしれません。

 

これからの釣り業界は、ユーザー1人1人の発信に業界の流れが左右される時代がくると感じています。

この記事を読んで、ピンと来た方、ぜひブログやSNSなどに挑戦されることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください