ロックフィッシュ初めての人向け!PEラインとリーダーの結び方 おすすめ動画!



この記事の所要時間: 136

ロックフィッシュ初心者の方はこの結び方を覚えればOK!

 

平和卓也氏考案の簡単ノットThe Line is connected with the leader.

YouTubeより引用

 

僕がメインにしているノットをご紹介

 

 

一番簡単なやり方に電車結びがありますが、少し結びコブが大きくなりガイドに干渉しやすいのが欠点でもあります。

例えば、ジギングなど一瞬の負荷が非常に強い釣りだと結び方が理由で糸が切れバレてしまうことが多くあります。

 

前提として糸と糸をつなぐやり方次第で強度低下があるのです。

しかし、ロックフィッシュなどの場合、極端に大型を狙わない限り、ノットの種類でバレるということはまずありません。

 

大きくても数キロの魚に対して他の魚種よりも太めのラインを使用することが多いからです。

そこで、なるべく結びコブが小さく投げる際に干渉しにくく、かつ簡単なやり方を磯釣り師の平和卓也さんが紹介されていますので、ぜひ何度も見て習得してください。

 

フリーノットというやり方を簡略化したものです。

 

 

僕はこの結び方を何年も愛用しています。

 

かじかんだ真冬の時期、すぐ結び直してキャストしたい時、とにかく慣れるとスピーディーに正確にできるようになりますので、この結び方がある種の武器になっています。

 

ぜひ練習してみてください。

実際の理想としては、いわゆる摩擦系ノットと言われる、強度も強く、ガイドへの干渉も少ないやり方が望ましいですが、初めて覚えるならこのやり方がおすすめです。

とにかく釣りの前にたくさん練習しましょう!

 

シマノからロックフィッシュ用のロッドがついに復活!ハードロッカー[HARD ROCKER]がやばい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください