「紳士のスポーツ」フライフィッシングとラグビーに共通するマインド

この記事の所要時間: 1618

この記事の所要時間: 約 16分18秒 僕がラグビーをはじめて3年目の秋、高校最後の試合での出来事。 相手のキャプテンとフルコンタクトしてグランドに倒れ込んだ僕、密集した別の相手選手と足が絡まり、敵将が僕の身体の上に覆い…

「ブラックバス害魚論は差別的イジメ」世間風潮への気分の悪さと違和感の正体

この記事の所要時間: 1813

この記事の所要時間: 約 18分13秒 はじめに断っておきますが、僕は釣り人として、このブラックバス害魚問題に関して、世間の風潮に異を唱える者です。 なぜなら、最近は「元の生態系こそが正しい」「在来種保護」という論調こそ…

映画「リバー・ランズ・スルー・イット」〜人生の中心に釣りがあることの美しさ〜

この記事の所要時間: 57

この記事の所要時間: 約 5分7秒 なぜか懐かしいメロディと共に美しい川とおぼつかない手でフライを結ぶ老人の手から始まるこのストーリー。 その老人の人生を描いたのが映画「リバー・ランズ・スルー・イット」です。 【あなたも…

なぜ、オオモンハタゲームのドラグ調整は少し緩めが正解なのか?「ロックフィッシュ」

この記事の所要時間: 69

この記事の所要時間: 約 6分9秒 オオモンハタゲームでのドラグの解説をします。 (スピニングタックル及びPEライン前提の話) ※ドラグとはラインに強い負荷がかかるとスプールが逆回転し、ラインを送り出しラインが切れるのを…

ハタとアイナメとカサゴとメバルを営業マンに例えてみた「ロックフィッシュをわかりやすく」

この記事の所要時間: 64

この記事の所要時間: 約 6分4秒 各ロックフィッシュの特長を営業マンに例えてみたいと思います。 (例える必要は全くないです)   突然ですが営業の最優先すべき仕事は売ることです。 (営業はお客様に喜んでもらう…

オオモンハタが釣れない理由はメンタルの問題か?

この記事の所要時間: 247

この記事の所要時間: 約 2分47秒 昨今の海中の状態は大きく変化しており、ハタ類が異常に増えています。 関東ではこれまで釣れなかったマハタが現れ、アカハタやオオモンハタが増え、釣り対象魚となるまでに至っています。 ハタ…

インプレ!ロックトランジット RTS-702H コールアップトレーサー「プロズワン 」

この記事の所要時間: 99

この記事の所要時間: 約 9分9秒 「やっと発売された!」 僕はちょうど5年ほど前にハタという魚と出会い、ロックフィッシュ仲間と共に良く各地の海に行きました。(特に西伊豆) その時に一番の必要性を感じたのがスピニングタッ…