お問い合わせはこちらから

    学生応援記事!金欠でも汎用の安い道具で釣りできるよ!

    1. 生き物・魚の話
    2. 67 view
    この記事の所要時間: 446

    今回はちょっと昔話をしたいと思います。笑

    僕が大学生の頃、常に悩みは、お金の問題と釣りでした。

    釣りに行きたいけど、お金が足りない、タックルが欲しいけどお金が足りない、いつもそんな悩みがありました。

    まぁ、社会人になってもそこまでタックル買い放題という訳ではありませんでしたが・・・笑

     

    今回は金欠だけど、釣りがしたいという学生向けの応援記事を書きたいと思います。

     

    汎用性の高い竿を買えば何でもいける!

     

    まず、一番の悩みは釣竿ですよね。

    釣りし始めの大学一年生の頃は、トラウトロッド一本とバス用の竿一本、バス用のベイト一本の計三本であらゆる釣りをしていました。

     

    まず、トラウトロッドですが、これはライトゲームで汎用性が高い竿です。

    基本的にどの釣り場にも持って行きます。

    6,000円くらいで買ったトラウトロッドにセットしていたのは、シマノのアルテグラ2500番で、これで何でもやっていました。

    例えば、アジ、メバル、小型のロックフィッシュ、ライトリグのブラックバス、川の小物釣りなどなど、ヘラブナなど、軽いオモリで釣れる魚なら何でもやっていました。

    しかも、ラインはオール3ポンド(0.8号)で何でも出来ますし、釣れます。笑

    そして、オススメは1グラムから2グラムのジグヘッドと素材が硬めのピンテールワームです。

    素材が硬めのワームは持ちが良いです。

    ピンテールワームは汎用性が高く何でも釣れます!

     

    なぜ、トラウトロッドなのかと言えば、よく曲がる竿だからです。

    よく曲がる竿なので、どんな重さのルアーも投げられますし、仮に大きい魚がかかっても竿がしなって魚をバラすことが少ないです。

     

    もし、小型のルアーを使う釣りメインで迷った時は量販店に置いてあるようなトラウトロッドをおすすめします。

    表記はLかULで大丈夫です。

     

    また、バスロッドですがこれはバス釣りに使っていたのはもちろんですが、ナマズから鯉、アジやマゴチ、堤防からの餌釣りと何でも使っていました。

    リールはトラウトロッドと併用して、2500番です。笑

    トラウトロッドから外して、対象魚に合わせて糸を巻き直していましたね!

     

    そして、最後はバス用のベイトロッド。

    当時はナマズのトップゲームやテキサスリグのロックフィッシュやマゴチなんかが釣れていました。

    バス用の短いロッドでよくマゴチを釣っていましたね!笑

    たまにタコも釣れましたし!笑

     

    大学2年生になり、新しく揃えた竿がシーバスロッドです。

    確かメジャークラフトの竿でしたね!

    9フィートのMLのシーバスロッドを買いました。

    PEラインと組み合わせることで「何でもロッド」に変化します。

    シーバスロッドは、エギング、シーバス、ロックフィッシュ、フラットフィッシュ、餌釣り、バス、青物、岸からのジグなどなど本当に何でも出来ます。

     

    とりあえず、これらの竿に共通することは、よく曲がるということです。

    竿の曲がり方も中間的な物を選び、変に竿先だけ曲がるような竿を選ばないことです。

     

    そうすることで、結構何でも釣りができますので、参考にしてみてください。

    値段も1万円も出したら良いもの買えます。

    リールもそのくらいの値段のものだとストレスなく釣りができます。

    専用のロッドを購入するのは、本当にお金に余裕がある時で良いと思います。

     

    糸は大量巻きで十分

     

    フロロカーボンラインはシーガーやサンラインの300メートル巻きの物を買っていました。

    高い糸を使うのではなく、釣りをしていて傷が入ったり、汚れてきたりしたら交換した方が良いです。

     

    PEラインについても、高いものではなく、安めのもので1号くらいを選んでおけば、どんな釣りにも使えます。

    僕はPEラインは半年くらい使っていましたね。笑

     

    服はユニクロで十分

     

    釣りは厚着が基本です。

     

    ユニクロの服はおしゃれな人が使いこなせる服と本当に可もなく不可もない服がおいてあります。

    釣りにいく人は残念ながら、おしゃれな着こなしをしない方が良いです。笑

     

    基本的には、寒さ対策、体温が保てる服を選んでください。

    真夏でもない限り、釣り場では長袖、長ズボンが基本です。

     

    太陽光は体力を奪い、虫が体に張り付くこともあるでしょう。

    そして、釣りには寒さ対策が非常に重要です。

     

    そういえば、宮城県に住んでいた頃は、いつも同じような服を着ていたと思います。

    そんな中でも一番多用してのは、パーカーです。笑

    出かける時も釣りにいく時も全部これです。

    カッコつける必要がなければ、毎日洗濯も出来、寒い時期の重ね着にも使えるパーカーをおすすめします。

    フードが付いているので、突然の雨でも頭は守れます。

    それにユニクロで、安く買えます!笑

     

    移動は原付だった

     

    当時は車を持っていた友人に随分お世話になりました。

    釣りによく釣れて行ってもらいました。

     

    でも、学生なりに1人で釣りにいく時に機動力が欲しくて、原付を買ってしまいました。

    原付はガソリン代数千円で乗り放題ですし、釣り竿も置き方を工夫すれば、持ち運びに便利です。

     

    学生さんで、移動手段に困っている人は、まずは原付分のお金を貯めて購入してください。

    関連記事

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。