中古のエコギアアクアミルフル購入!保存溶液が茶色く濁る現象について



この記事の所要時間: 138

中古のエコギアアクアミルフルを購入

 

集魚成分が含まれた溶液につけておくタフな場面での切り札エコギアアクア。

よく使われるグラブ型かつ食わせやカサゴ狙いに便利なミルフルが中古で200円で販売していましたので、思わずリアクションバイト!

 

image1

 

速攻で買ってしまいました。笑

 

中身も使用感なく新品同様!

しかし、現在は製造中止のパッケージ、既存のエコギアアクア活カサゴと合わせて保存していいかどうか気になりました。

 

中古の方は溶液の色が茶色んです。

通常ですと透明なはずですね・・・

 

image1 2

 

見にくいのですが、既存のものは溶液が透明です。

 

この原因について調べてみました。

 

紫外線などにより、溶液の色が変化!

 

 
 

 
いわゆる生物活性という現象のようで、紫外線などが原因で溶液が茶色く変色したり、沈殿物が発生したりするようです。

 

また、旧パッケージと活カサゴの違いについてエコギアスタッフの方に確認したところ、パッケージの違いのみで基本的には中身は全く変わっていないとのことでした。

 

 

さらに時間が経つと本体も少し硬くなるようですが、 ワーム本体の成分である水溶性ポリマーの特性のようで大きく性能に変化はない様子。

つまり、旧パッケージと新パッケージを組み合わせてもいいということです。
安心してワームだけ移し変えます。笑 

 

茶色い溶液は念のため捨てます。笑 

 

見た目的にもあれですし・・・笑

 

 
天然成分を使っているエコギアならではですね!

 

でも、古いパッケージのもの持っている人いますかね?

⇒エコギア熟成アクアの購入はこちらから「Amazon」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください