『エコギア』バグアンツオススメカラー!とロックフィッシュに有効な理由



この記事の所要時間: 348

バグアンツがロックフィッシュに効く理由

 

エコギアから出ているバグアンツですが、すでに定番中の定番として、世に知らしめているワームとして有名です。

釣れるにはやはり理由があります。

 

バグアンツは、扁平的なボディと付属する足が細やかにアピールします。

そして、最大のアピールがパドル部分です。

 

このハの字に開いたパドル部分が、視覚的に魚にアピールします。

ボトムバンピングやリフトアンドフォールで底についたタイミングでこのパドルが開き、視覚的に甲殻類を思わせるのだと想像できます。

 

そして、もう1つが動きすぎずに数センチ刻みでアクションさせられるという点です。

動きすぎないというのが最大の肝です。

 

どういうことかというと、ロックフィッシュが大好きな甲殻類などは地味に生きています。

本当に地味で、甲殻類は岩の隙間などでじっとしていてあまり動かない生き物です。

そうした地味な生き物を見事に探し、食べているのがロックフィッシュという魚なのです。

つまり、下手に動きすぎず、でも細かく魚にアピールし、また甲殻類が威嚇するような動きも出せるスーパー万能型のワームなのです。

 

実は皆さん何気なく使っていますが、本当にすごいワームです。

僕自身、何年も使い続けていますが、未だに全ての使い方は知りません。

せいぜい、数種類のアクションしか出せません

別の使い方をしているアングラーがたくさんいますので、まだまだ奥行きのあるワームです。

 

そして、このワームを作った田辺さん(ノリーズ代表)の意図した世界観にまだ辿りつけていない気がします。

 

ロックフィッシュの本能に訴えるようなワームであることは間違いありません。

⇒バグアンツの購入はこちらから「Amazon」

ロックフィッシュのカラーの選び方についての記事

 

下の記事でなぜ釣れるカラーが地域ごとに違うのか、そして使い分ける必要があるのかを説明しています。

なぜ、ロックフィッシュのワームカラーを考え続ける必要があるのか?!

 

バグアンツオススメのフックサイズ

 

2インチ:アクション重視なら2番、通常は1番

3インチ:アクション重視なら1番、通常は1/0番、船釣りの場合2/0番も使います

4インチ:通常は3/0番、船釣りの場合は4/0番です。

※僕のセレクトはワームに対してフックサイズが大きめですが、ロックフィッシュの場合大きめのフックが圧倒的にオススメです。

 

僕が使用しているエコギア『バグアンツ』カラーの紹介

 

見方として、右側がカラー名、左側の番号がカラー番号になります。

 

ブラッディーレッドブラックフレーク069

 

三陸リアスレッド077

※迷ったらこのカラー!↑

ソフトシュリンプ385

 

 

ロッククラブ164

裏側

 

ボトムクローラー435

 

アボカドハーフフロート261

裏側

※ハーフフロート素材

 

パンプキンカモフラージュ383

 

北陸UVスモーク322

 

ウォーターメロンバグ408

 

シルキーオレンジイエロー411

裏側

※フロート素材

 

ホットオレンジフラッシュ384

 

ロックフィッシュインパクト084

 

パールグロウ(夜光)010

 

北陸クリアホロ323

「バグアンツ」新色発売!タフタイムカモⅡ、リアルイソガニ

歴史を感じる!?生き残ったカラー

 

パールグロウ(夜光)010

ブラッディーレッドブラックフレーク069

三陸リアスレッド077

ロックフィッシュインパクト084

 

こちらのカラーは番号が若いのにお気づきでしょうか。

 

現在、製造されているバグアンツで最も古くから発売されているカラーとなります。

 

もしかしたら、ものすごい実績があるのかもしれませんよ?

⇒バグアンツの購入はこちらから「Amazon」

 

 

シマノからロックフィッシュ用のロッドがついに復活!ハードロッカー[HARD ROCKER]がやばい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください