モンスターサイズのロックフィッシュは〇〇〇〇〇で釣れ!!「対象魚はアイナメ、ハタ類、ソイ全般」



この記事の所要時間: 746

モンスターサイズのロックフィッシュを釣るために必要な考え方

 

一般的なロックフィッシュの大型についての話をします。

今回はアイナメに留まらず、ハタ類やソイなども対象の話です。

 

大型魚の魚食性についての見解についてはロックフィッシュゲームのプロである佐藤文紀さんがご説明されていますのでまずはご覧ください。

(※必ず動画でご覧ください!)

僕が尊敬する佐藤文紀さんは大学の先輩でもあり、以前は釣りもご一緒しました。

ぜひ多くの方に見ていただきたいと考えています。

これを作った「KISUKEチャンネルさん」良い仕事しています!

 

ジグヘッドの軽い・重い

 

個人的な意見として、弱った魚を演出した方が魚の釣れる数自体は伸びると考えています。

ジグヘッドで弱った魚を演出する方法を考えると、やはり軽いジグヘッドの方が弱った魚が演出しやすいのでは?と感じています。

 

なぜなら、重いジグヘッドは潮の流れにも負けずに動きも安定しますが、軽いジグヘッドは潮に押されてヨロけたりするアクションが出やすいからです。

そうした潮に押されたり、流されたりしてヨロけた瞬間が魚にとってはバイトチャンスになります。

 

個人的にアイナメでは11グラムから14グラムのジグヘッド、オオモンハタでは25グラムから30グラムのジグヘッドを好んで使います。

 

オオモンハタの釣りをボートゲームでやってきた経験を考えると潮の変化したレンジに入った瞬間のバイトとか、ジグヘッドが一瞬フォールしたとか、何らかの動きがジグヘッドに入った瞬間が最もチャンスが多いと感じています。

オオモンハタの釣りのみならず、こうしたバイトチャンスはアイナメでも他のハタ類でも一緒だと思いますので、「ジグヘッドを中層でヨロけさせるようなアングラー側の仕掛けはあり」だと感じています。

 

別の記事でもお伝えしていますが、こうしたスイミングの釣りにPEラインは必須です。

なぜなら、潮の変化やジグヘッドへの違和感を感じ取るために感度の高いPEラインは有効だからです。

単純にジグヘッドを横にトレースするための飛距離が必要っていう理由もありますが。

 

ジグヘッドは本当に底どり必要??

 

大型を獲るためにジグヘッド論を構築することを考えれば、これまで定説とされてきた「底が確実に取れるウエイトのジグヘッド」という構図も見直しても良いかもしれません。

必ずしも底をとらなくても大型狙いに関しては成立するような気がしています。

佐藤さんもおっしゃっているように、完全に泳いでいる小魚を演出するのです。

 

オオモンハタゲームをする際は一回しかボトムの着底を感じずに巻き続けることもありますが、それと同じで良いと感じています。

例えば、キャストして着底までカーブフォールで6秒かかったとします。

そしたら、10回から25回くらいハンドルを回転しリーリング、その後、カーブフォールで5秒強カウントし、さらにリーリング。(繰り返し)

手前がカケ上がりでもない限り、これでボトムに着底することなく、ボトム付近からの巻き上げを演出出来ます。

ジグヘッドで何度も底どりをすると、根掛かりのリスクも増えますから、根掛かり対策にもなります。

こうした方法を用いて、僕は最近ボトムに着底させない巻きの釣りを実践しています。

 

巻きの基準を作る

 

僕の完全個人的な釣り方になりますが、リーリングの巻きの回転数の基準を作っています。

例えば、25グラムジグヘッドで1秒間に1回転というリーリングを基準にして、一定巻きを行います。

だから、20回転するのに20秒かかるイメージですね。

僕の場合、これをミディアムリトリーブとして基準にして、ファーストリトリーブ、スローリトリーブと使い分けています。

(飛距離によっては斜めに巻き上がるイメージ)

 

各リーリングスピードを一定にすると、ジグヘッドの重さに応じてレンジを変えることが容易で、ボトム着底からの立ち上がりの角度まで調整できます。

(だから、ジグヘッドゲームの時はスナップが必須です!)

ぜひ、ご自身の基準を作ってみてください。

 

ただし、使用するワームやジグヘッドの種類に応じて色々変わりますので、自分でどんなスピードで巻けば良いかを考えてみてください。

僕より早く巻いた方が釣れる日もありますし、基準は自分なりに作ってみてくださいね。

 

磯釣りの場合、根が荒いので重さ関係なくリトリーブスピードは早めで巻きます。

 

ジグヘッドの釣りはやり続けられない人が多い

 

オオモンハタの釣りを通して学んだことですが、こうした巻きの釣りは従来のボトムを感じる釣りとは異なり、潮が動かなければノー感じだし、魚の反応がなければ、すぐボトム中心の釣りにしたくなります。笑

結局、巻きの釣りをやりきれないと魚は釣れないです。

断言します。

 

前年の青森釣行で、アイナメのスイミングの可能性を試したく、二日間に渡り、巻き倒しましたが、二日間とも完デコ(完全坊主の意)。

2019年の1月の伊豆半島、真冬のオオモンハタゲームでは、終日巻いてワンバイトのみ。

 

巻きの釣りは数釣って楽しむ釣りではないことを予めお伝えしておきます。

 

思考を切り替えないといけないです。

「数釣る人=すごい人」っていう考えを捨てて、「自分の魚を釣る」という考えを持って取り組まないとほとんどの人が続けられずに、別の釣りに戻ってしまいます。

「多獲主義的な部分を捨てないといけない!」

ここが最初のステップです。

一日のうち、数投ジグヘッドで巻いただけでは何も気づくことも出来ないし、ゲームフィッシングとしての奥行きを感じることもないんです・・・

たまたま数投で釣れちゃったとしても、おそらくその人は「なぜ釣れたのか?」という説明を自分なりにすることが出来ないでしょう。

 

やり続けないと、ジグヘッドの釣れるタイミングや釣れないタイミングや地形や環境を知って自分の引き出しを広げることは出来ないのですよ・・・

 

でも、ジグヘッドでのスイミングの釣りは出れば、アカハタにしても、オオモンハタにしてもサイズは良いです。

しかも楽しい!

ガツンときますからね。

 

アイナメも徐々にティップが吸い込まれるような重みが乗るので、一瞬でドキドキしますよね。

 

モンスターサイズを釣るために

 

モンスターサイズを狙う上で、確率が高まるという意味で、僕個人的の結論としてはスイミングの釣り+地形だと考えています。

あとはタイミング・・・?

大きなサイズの魚はそれなりに賢く、生き方も他の魚に比べて違うと考えています。

 

そうした大きな魚は餌が容易に獲れる地形を好む傾向にあると感じていて・・・

例えば、魚からしたら、餌が労力なく獲れる場所って理想じゃないですか?

そうした餌となる魚を追い込みやすい地形というのが1つのキーになっていると最近感じています。

 

代表的な例で言えば、「みお筋などのカケ上がり」「フラットな砂地からの岩礁帯のエッジ」「岬周辺のブレイク」などなど・・・

 

あとは、タイミング次第ですが青物が小魚の群れを追いかけ回している時ですね。

青物に捕食されそうになって弱った小魚はフラフラっと落ちていきます。

それを狙っているモンスターサイズのロックフィッシュはいます!

ですので、ロックフィッシュゲームをしていても海の中の観察することは大事なことです。

 

マハタやクエなどのスーパーモンスターでさえ・・・

 

以前、仲間と乗った西伊豆のボートで、スイミングの釣りをしていた時に、スーパーモンスターが掛かったことがありました。

おそらく、10キロから15キロくらいのクエかマハタ?だと思います。

(実際わかりませんが・・笑)

ボトムから数メートル離れていたジグヘッドに食ってきたことに驚きですが、ライトなスピニングタックルだったため、ドラグが一瞬で出されて、根に突っ込まれて、潜られてラインブレイクしました。

僕にとっては衝撃の実体験です。

あの重量感のある首振りからして「あれは青物ではない!」と今でも思っています。

 

マハタやクエのデカイサイズになると、スローピッチや餌釣りで獲るべき対象魚にはなりますが、大型の魚になればなるほど、「ボトムから離れて捕食することもある」ということを体験したことは本当に価値あることだったと思っています。

底物師から直接聞いた!メートル超大型のハタの食性について!

 

ぜひ多くの人にスイミングの釣りの面白さを知って欲しいと思い、この記事を書きました。

中級者向けの内容にはなっていますが、多くの人にロックフィッシュゲームの懐の深さを知って欲しいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください