お問い合わせはこちらから

    「東京湾ボートカサゴゲーム」リフトアンドフォールは釣れない?「釣行記20190329」

    1. ロックフィッシュ
    2. 74 view
    この記事の所要時間: 430

    今回、ナイトボートゲーム(in東京湾)でカサゴを狙いに行ってきました。

    結論から言って、釣り入門本やサイトに書いてある「カサゴはリフトアンドフォールで釣れ」というのは半分嘘だと思いました。

     

    今回は釣り仲間が所有しているプライベートボートで釣り仲間2人と東京湾のカサゴ釣りに行ってきました。

    出船は10時前くらいで、夜中4時前くらいまで釣りをし、仲間が開拓したポイントを転々とランガンするスタイルでのルアーフィッシング。

    京浜エリアを中心に様々なポイントをまわりました。

     

    他にシーバスやアジ、クロダイなどのターゲットもいますが、カサゴに拘っている部分がロックフィッシュフリークらしいですね!

     

    まず最初のポイントではバグアンツ2インチの直リグでリフトアンドフォール。

    小さなアタリがありますが、乗らず。

     

    水深が変化するブレイク付近か根周りで、アタリがある感じです。

    細かいアタリが数回あり、「これはいける!」と感触を得ていました。

     

    しかし・・・

    夜11時過ぎても、アタリはあっても魚が釣れない。

    小さなアタリやショートバイトに苦しめられます。

     

    他の1人はすでに10匹近く釣っていて、さすがに1匹釣らないとリズムが悪いので、得意のテキサスリグに変更。

    さらにワームは「エコギアミルフル」

    匂いつきワームでショートバイトの主を確実に仕留めます!

     

    リフトアンドフォールで、丁寧に根周りを探るも、これまたショートバイトの嵐。

     

    ミルフルの味と匂いで、バイト時間は非常に長いが全く針先まで食い込まない・・・

     

    本当にカサゴかぁ?

     

    もう意地になってロックマックス2インチ5グラムテキサスで釣りにかかるも、これも同じで全くノラない。

    ここまでワームを小さくしてもなぜか、すっぽ抜けやショートバイトが多発して釣りにならない・・・

     

    カサゴってこんなに難しい釣りだったか?

    こうなると、僕の中ではシンカーの重さが合っていないかルアーの動かし方が悪いのではないかと考えます。

     

    ふと、すでに良型含む10匹以上釣っている釣り仲間は基本的にリフトアンドフォールしていないことに気がつき、リフトアンドフォールからズル引き気味のスイミングアンドカーブフォールに変えてみることに。

     

    結果はすぐに出ました。

    深いバイトプラス、いつものカサゴっぽいバイト!

    この1匹が嬉しかったですね!笑

     

    その後はロックマックス3インチに変え、スイミングアンドフォールやシェイキングなどで、根周りやブレイクを丹念に攻めると立て続けてにヒットしました。

    しかも潮止まりのタイミング。

    今までの釣りは一体何だったのか?というくらいのバイトの深さや反応の違いでした。

     

    縦のロッドさばきであるリフトアンドフォールは、どのロックフィッシュ入門書にもある基本的な動作です。

    僕の釣りはいわば、そのベーシックな釣り。

     

    しかし、バイトがあってもノラない、ショートバイトが多い、食い込まないなどの現象に悩まされて結果的にスイミング気味のリフトアンドフォールで釣果を得ました。

    これは何を意味しているか?!

     

    今回行ったエリアは砂地がメインで根が点在したり、地形変化がある場所。

    つまり、岩礁帯などでカニや甲殻類が落ちてくるのを待っているタイプのカサゴではなく、完全に小魚やエビをメインに捕食していた魚ということ。

     

    そういう魚に対するアプローチとして、リフトアンドフォールは不正解なんですね。

    釣り方が全く合っていない典型的な例だったということです。

    砂地付近では上から餌が落ちてくるという動きはかなり不自然なんですね・・・・

     

    また船釣りの場合、岸からの釣りと違いダウンヒルでブレイクを攻めることが多いため、竿を使ってリフトしなくてもダウンヒルに差し掛かると自然にリフトアンドフォールみたいなアクションになるんです。

    竿を高く立ててリフトすることは厳禁な釣り場だということがわかりました。

    ※東京湾でリフトアンドフォールが通用するのは、マンメイドストラクチャーや岩礁帯、消波ブロックのカサゴだけです。

     

    その後も、頭の大きな20後半のカサゴも獲れ、最後には良型のキビレも釣れました。(写真撮り忘れました)

    結果的にスイミング気味のズル引き的な釣りで、13本前後キャッチすることに成功!

    久しぶりのカサゴは意外と嬉しかった!

     

    また、他の2人の釣り仲間は尺カサゴを獲ろうと狙っており、色々とパターンを探していましたね。

    尺カサゴは大型カサゴが連発するパターンを見つけないと釣れないサイズのため、こうした大型のカサゴのみを狙うメソッドも存在し高いゲーム性を感じました。

     

    今回の釣行で「カサゴはリフトアンドフォール」という固定概念を見事に壊してくれました。

    お世話になった釣り仲間のお二人には感謝の気持ちでいっぱいです。

     

    ありがとうございました。

     

    皆さんも砂地でのリフトアンドフォールの動かし方に注意ですよ!

    関連記事

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。