「ロックフィッシュにオススメのワーム」を探すという落とし穴・・・



この記事の所要時間: 619

ロックフィッシュという魚は非常に面白く、場所に応じて釣り方や考え方が変わってくる特殊な面があります。

そうしたことを前提に今回はワームについて考えていきたいと思います。

 

例えば、僕の場合「このワームで誰よりも釣れる釣り方を見つけた!」と思っていても、エリアを変えると全くその釣り方が通用しないということが往々にしてありました。

正確に言えば、通じる部分と通じない部分があるのですが、明らかにマッチしていないことが多かったです。

 

例えば、下の記事ではカサゴ釣りの常識が通用しない例を紹介しています。

「東京湾ボートカサゴゲーム」リフトアンドフォールは釣れない?「釣行記20190329」

 

「このワームは良く釣れる!最強!」と言われていてもロックフィッシュを狙うエリアが変われば、あまり釣れないということがあるということです。

 

例えば、「ケイテックのスイングインパクト2インチ・3インチ」は数釣りする上で本当によく釣れます。

あのやわらかな素材の動きが魚に強烈にアピールするのでしょう。

 

スイングインパクトは、他のメーカーのワームでは太刀打ち出来ないくらい釣れるエリアもあります。

しかし、それはエリア次第と考えて良いと思います。

 

横浜では、スイングインパクト2インチはカサゴの数釣り最強ワームの1つですが、横浜(東京湾)だと爆釣だけど、南下して、山下や福浦などの横須賀寄りの地域に行けば行くほど、スイングインパクトが釣れないということが度々おきます。

具体的には、南下するとホッグ系のワームが強くなってくるのです。

 

よく釣りに行っているアングラーほど、その地域で強いワームと言うのを発見し、理解しているのは、こうした地域毎に違うワームの有効性を理解しているからでしょう。

ネットで色々な人が紹介されるオススメワームの類いも明らかに地域性が絡んできて、そのワームの本当のポテンシャルを知るには様々なシチュエーションで使ってみるしか方法はないでしょう。

なぜなら、釣りという行為は地域的な生き物の生態系から間引きすることで成立するものだからです。

その地域の生態系が違えば、釣り方もルアーも変わります。

この場合、オススメのワームに対しての地域性という意味です。

※三陸でも関東でもアイナメはアイナメですし、クロメバルはクロメバルで、釣り方の考え方は一緒です。

 

ですから、ロックフィッシュゲームにおけるワームの地域性を考慮すれば「オススメのワーム」は場所毎に変わると断言出来ます。

 

良く釣れるワームは存在するが・・・

 

多くの人が求めている「よく釣れるワーム」というのは存在します。

しかし、先程説明した生態系などの地域性を考慮すれば「比較的良く釣れる」という説明が良いかもしれません。

例えば、「ガルプ!サンドワーム」や「ドライブクロー2インチ」「スイングインパクト」なんかは数釣りが期待出来ます。

とにかく数釣って楽しんで欲しい初心者の人には一番先におすすめします。

 

しかし、ルアー初心者ではない層に、こうしたルアーばかり探す癖をつけて欲しくありません。

上達しないことが確定するからです。

 

「よく釣れるオススメのワームは、全てのシチュエーションに対応するわけではない!」ということを理解しておかなくてはいけません。

 

釣れない人ほど、釣れるワームやルアーを探し続けて道具のせいにしがちです。

ゲームフィッシングを提唱している当サイトの意見として、ただ魚を釣りたいのであれば、ルアーではなく餌釣りを真面目にオススメします。

ちょい投げセットか胴付き仕掛けにイワイソメつけて、釣りした方が100倍釣れます!

 

100倍なんて

 

って思っている人もいるかもしれませんが、本当に100倍です。

1年釣りしたら、それくらいの差になります。

 

それくらい、ワームの釣りというのは魚に見切られていると思っていた方が良いです。

ワームに反応しても食わないのは、魚が口を使う何かの要素が足りていないのです。

だからこそ、魚の生態を理解し、道具をバランスよく使いこなし、魚へのアプローチを試し、考えていく必要があるんです。

それこそがルアーフィッシングの醍醐味ではないでしょうか?

 

こんなヘンテコな形のワームで魚が釣れるなんて!って驚いた方が楽しいですしね!

 

釣りは自然相手の遊び

 

オススメワームを知りたがる人が世の中に多くいるのは、商品のインプレ的な役割を求めているからでしょう。

家電製品など機械類であれば、インプレもしやすく、オススメの商品はわかりやすいでしょう。

しかし、釣りという自然相手の遊びでは常に釣り場の自然に合わせていかないと正確なことは言えないのです。

 

多くの釣り人はルアーなどの道具のせいにしがちですが、「自然相手の趣味で道具に責任を押し付けるのはある意味傲慢ではないか?」と感じています。

 

サーフィンで例えるなら「ボードが悪いから波に乗れない!」と言っているようなものです。

まずはサーフィンの基本や波に関する知識を身につけることが最初のはずです。

 

ゴルフだって打ちっ放しに行って練習してから、実践するんですよ。

釣りは練習や基礎知識がいらないなんてことは、少し変な気がしませんか?

 

好きなメーカーのワームを使えば、よろしい!

 

メーカーから出ているワームをロックフィッシュゲームを研究する者として、普段使いますが、はっきり言ってどのメーカーのワームも釣れます。

場所によって、時間によって、釣れにくいはありますが、基本どのメーカーも釣れます。

 

そうした理由から、「オススメのワームを探すこと自体に意味はない」と個人的に思っています。

それぞれのワームに有効なシチュエーションが存在し、釣り人側が使いこなせていないだけであることがほとんどです。

 

よく釣れるワームというのはありますが、そればかり使っていては釣りの楽しみを半分捨てているようなものです。

色々模索して、楽しんでやるのがルアーでの釣りですし、正解はないのです。

 

ですから、初心者の人ほど好きな人が使っているメーカー、直感で良いと思ったワームを大切にして欲しいと思います。

ただし、本当に何を買って良いのかわからない初心者の方は信用できるサイトの情報を頼りにして見てはいかがでしょうか?

『ルアーマガジン・ソルト』読者が選んだ2018年“推し”ルアーはこれだ!【T.O.Y.グルーパー部門ランキングTOP10】

 

メーカーの作ったワームは全て、エキスパートアングラーが魂を込めて作ったワームです。

そんなワーム達の使いどころを見極め、探してあげるのが一般アングラーの楽しみの1つではないでしょうか。

 

こういう時にこうしたワームが有効だ!と気がついただけでも楽しいものです。

 

末長く釣りを楽しむために、自分の好きなワームを使うという考えで釣りをしても良いですよ。

なぜ、アイナメがルアーで釣れないのか?生態系・基礎知識から考える攻略法!

「ロックフィッシュ」スピニング・ベイトでPEラインを使いこなす!何号のラインがおすすめ?!

ハタゲームの時代がくる?「ハタの生存戦略と生息地の移動に関する重要な未来事項」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください